Joo Sang Wook☆ファイティ~ン!!!


Joo Sang Wook☆ファイティ~ン!!!(別館)
もよろしくお願いしま~す!!



放映終了「華やかな誘惑」名品演技引き立って見えた主役たち、華やかに退場!

昨年10月5日初放送以後、50部作という長い呼吸のドラマにも着実に二桁数視聴率を維持して視聴者たちの熱い愛を受けてきた。「華やかな誘惑」は、反転に反転を繰り返すストーリーを繊細な演出と美しい映像で高い完成度を作り出して確実な固定視聴者をテレビに呼び集めた。
勧善懲悪、因果清算。罪を犯した人は、必ず、その罰を受けるという教訓を伝えて終わりを結んだ「華やかな誘惑」。その中心には、最後まで存在感を失 ​​うことなく、極を導いてきたチュ・サンウクチェ・ガンヒがあった。


24-3.jpg


詳細はこちらです!!




関連記事
記事を読んでいただきましてありがとうございます♪

「華やかな誘惑」チェ・ガンヒ♥チュ・サンウク、苦難の末の愛、ハッピーエンド

華やかな誘惑チュ・サンウクチェ・ガンヒが長い暗いトンネルを過ぎ最後に、最終的に愛を獲得した。

華やかな誘惑」50回では悪人が処罰受けて、男女主人公が感情を確認する姿が描かれた。

23-1.jpg


この日カン・イルジュは自身が階段で押して植物人間になったシン・ウンス(チェ・ガンヒ)の娘ホン・ミレを探して許しを請うた。
法廷ですべての事実を告白した。カン・イルジュは"誤りの代価を払いたい"として深く改心したし、監獄に閉じ込められた。

全てのものが本来の席に戻るようだったがチン・ヒョンウ(チュ・サンウク)とシン・ウンスはさっさとお互いの感情のとおりの行動ができなかった。 シン・ウンスはチン・ヒョンウを探して"君はすでに十分に助けた。 良い人会って"として別れでない別れを宣言した。

それから3年後. シン・ウンスは事業家で成功街道を走っていたし娘ホン・ミレは健康を完全に取り戻した。

罪の代価を全部払ったカン・イルジュは福祉館を運営して社会奉仕に専念した。 シン・ウンスとチン・ヒョンウは偶然に警察署で再会した。 3年の間、相手を懐かしがったこれらは愛しい目つきでお互いを眺めた。 長い苦難が終わって新しい愛が始まったことを知らせる場面だった。

記事元




関連記事
記事を読んでいただきましてありがとうございます♪

チュ・サンウク、「華やかな誘惑」の最後を飾った

俳優チュ・サンウクがドラマ「華やかな誘惑」の最後を飾った。

彼は最後までシン・ウンスを守ってもらおうと努力した。16年前の初恋が平安するようにした。シン・ウンスのあしながおじさんのようだったチン・ヒョンウはチュ・サンウクが完成した。


23.jpg


チュ・サンウクは、今回の作品で共感を引き出しながら切なさをかもし出すようにした感情演技を披露した。愛する女性のために黙々と痛みを負担する感情神チュ・サンウク特有の重たさがあり、可能であった。たとえ力強い笑い声を聞くことができなかったが、いつもの作品で、より強固で、大切にしたい魅力を誇った。

チュ・サンウクのこのような活躍に「華やかな誘惑」は、視聴者の関心を継続することができた。彼は時によって両極端の感情演技を披露した面のキャラクターの共感と極展開による感動も今と違ったものである。

チュ・サンウクは、チェ・ガンヒとラブラインにも誇張されていない感情線を維持し、さらに劇的であり、切ない関係を維持するようにした。切除の演技を見せてくれた。「華やかな誘惑」の最後もチュ・サンウクの活躍は光った。チェ・ガンヒが寂しくて、幸せな表情演技で劇的楽しさを高めた中でチュ・サンウクは、これまで自分を苦労していた痛みから外れ余裕のある姿で劇全体の雰囲気を明るくした。「華やかな誘惑」は、視聴率、話題性で1等ではなかったがチュ・サンウクを再表示した作品だった。

サンウク君、お疲れ様でした~

記事元




関連記事
記事を読んでいただきましてありがとうございます♪

「華やかな誘惑」チュ・サンウク、チェ・ガンヒ演技力+視聴率得た!

華やかな誘惑」が放映終了まで2回だけ控えている中、劇全体を導いた俳優チェ・ガンヒチュ・サンウクの好評が続いている。


22-1_2016032220271786a.jpg


しっかりとしたシナリオと吸引力のある嵐展開、予測不可能な反転展開は視聴者を魅了に十分だった。回を重ねるごとに強烈になるシンウンス(チェ・ガンヒ)の復讐劇、行われるようになされていないシン・ウンスとチン・ヒョンウ(チュ・サンウク)のロマンス、シン・ウンスに向けた純愛を爆発させ、死んでいったカン・ソクヒョン(チョン・ジニョン)のラブストーリーは、テレビ劇場を刺激した。

もう一つは、チェ・ガンヒチュ・サンウクの演技力にある。生まれて初めて母親の役割を引き受けたチェ・ガンヒは、昏睡状態に陥った娘に向けた胸切々たる母性愛を深く解いた。初放送から渾身の出産演技で視聴者をひきつけた彼女は娘のためなら何事も厭わない激しいママの姿を目つきと表情などで配信された。

さらに、15年前の初恋との悲痛別れ、夫の突然の死、未知の導きに引かれてガン・ソクヒョン家に進入するまでの一連のストーリーを説得力のある消化したという評価だ。劇中36歳年上の夫を理解し、同情する感情は、チェ・ガンヒだったので可能だった。

チュ・サンウクやはり「華やかな誘惑」のヒーローに選ばれる。 お父さんの死にから始まった各種不正を暴くために虎穴に入ったチン・ヒョンウ役を担って劇に重たい力を吹き込んだ。 お父さんの復讐のために始めた計画が歪む時挫折する姿でも計画することを成し遂げるためならあらゆるあくどい侮辱と圧迫もものさびしく受け入れる姿は視聴者の胸一角をひりひりするようにした。

シン・ウンスから「のっぽおじさん」役割をしたのもチュ・サンウクなので可能だったという評価。
15年前初恋であるシン・ウンスを守るために孤軍奮闘する彼の姿はテレビ劇場を温かく染めた。

記事元






関連記事
記事を読んでいただきましてありがとうございます♪

チュ・サンウク、チェ・ガンヒ、どうか愛するようにしてください!!

チュ・サンウクチェ・ガンヒが愛を後日のことで先送りした。チョン・ジニョンが死んだ後、すぐに結合すると思った二人。しかし、あまりにも遠い川を渡ったのだろうか。二人とも再び元に戻るには時間が必要であることに合意した。まさか復讐ばかりして終わるのではないだろう?

21日放送ではヒョンウのお母さん(ナ・ヨンヒ)がヒョンウにウンスとの結合を反対する姿が描かれた。


22.jpg



記事元




関連記事
記事を読んでいただきましてありがとうございます♪

チュ・サンウクら、話題の名場面!

チェ・ガンヒチュ・サンウク・イ・ジェユン、「息が詰まる」話題の名場面ビハインドカット公開!





「華やかな誘惑」話題の名場面であるチュ・サンウクとイ・ジェユンの追撃シーンビハインドカットが公開された。


MBC月火ドラマ「華やかな誘惑」側は18日、チン・ヒョンウ(チュ・サンウク)とムン・ソンホ(イ・ジェユン)の追撃シーンビハインドカットを公開し注目を集めている。





公開された写真の中にムン・ソンホとシン・ウンス(チェ・ガンヒ)があるところに向かって銃を向けているチン・ヒョンウの姿が入れられた。シン・ウンスを人質に取ったムン・ソンホは彼女の後ろに立って威嚇している。見るだけでめまいが緊張感が感じられる場面で、お互いを睨んでいるムン・ソンホ、チン・ヒョンウと危険に陥ったシン・ウンスの姿が目をひきつける。





15日(火)放送された「華やかな誘惑」47回のシーンでムン・ソンホの行跡を把握したチン・ヒョンウが彼をキャッチしようと、シン・ウンスと出くわしムン・ソンホが彼女を人質に立て逃げる場面である。ムン・ソンホがシン・ウンスを前に立て銃を持ってもどうしようもないチン・ヒョンウの姿は、見る人々を切なくした。運命のように向き合った三人は、視聴者に目を離す​​ことができない没入を助けスリルをプレゼントして名場面を誕生させたという評価を受けた。

記事元




関連記事
記事を読んでいただきましてありがとうございます♪

「華やかな誘惑」チュ・サンウク、キム・チャンワン悪事に怒り 「悪魔のような人間」

華やかな誘惑チュ・サンウクがキム・チャンワンの悪行に怒った。


17_201603170647300cd.jpg


14日放送されたMBC「華やかな誘惑」(チュ・サンウク)がクォン・スミョン(キム・チャンワン)を訪ねて行った。

この日チン・ヒョンウはシン・ウンス(チェ・ガンヒ)に汚名をかぶせたクォン・スミョンに“人間の仮面をかぶってどのようにこうすることができる? 悪魔のような人間、人はあなたが殺しておいてなぜ他の人に上書きする? いっそ私に覆ってかぶせろ”と怒った。

これに対しクォン・スミョンは「シン・ウンスが君の弱点であるから」として私は君に選択権を与えた。

記事元


関連記事
記事を読んでいただきましてありがとうございます♪
サイト内検索
サイトマップ(全記事一覧)

全ての記事を表示する

スポンサーリンク
☆人気ブログランキング☆
にほんブログ村
ランキングに参加してます。 ポチっとよろしくお願い致します~(ペコリ)
FC2ブログランキング
☆ランキング参加中です☆

FC2Blog Ranking

プロフィール

あやりん

Author:あやりん
あやりんです~
[愛の巣」へのご訪問ありがとうございます^^
MBCドラマ「カクテキ」以来~サンウク君を応援しています。

当サイト内の画像の著作権・肖像権は画像元であるサイト・所属事務所等にあります。
個人で楽しむための目的であり、権利を損害する使用目的ではありません。
当サイト内の文章及び画像を無断転載することを禁じます。

Twitter
Web page translation
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

手軽に韓国関連は楽天で♪
おすすめ♪
FC2拍手ランキング
FC2カウンター
FC2ブックマーク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -