Joo Sang Wook☆ファイティ~ン!!!


Joo Sang Wook☆ファイティ~ン!!!(別館)
もよろしくお願いしま~す!!



「華やかな誘惑」チュ・サンウク、チェ・ガンヒ演技力+視聴率得た!

華やかな誘惑」が放映終了まで2回だけ控えている中、劇全体を導いた俳優チェ・ガンヒチュ・サンウクの好評が続いている。


22-1_2016032220271786a.jpg


しっかりとしたシナリオと吸引力のある嵐展開、予測不可能な反転展開は視聴者を魅了に十分だった。回を重ねるごとに強烈になるシンウンス(チェ・ガンヒ)の復讐劇、行われるようになされていないシン・ウンスとチン・ヒョンウ(チュ・サンウク)のロマンス、シン・ウンスに向けた純愛を爆発させ、死んでいったカン・ソクヒョン(チョン・ジニョン)のラブストーリーは、テレビ劇場を刺激した。

もう一つは、チェ・ガンヒチュ・サンウクの演技力にある。生まれて初めて母親の役割を引き受けたチェ・ガンヒは、昏睡状態に陥った娘に向けた胸切々たる母性愛を深く解いた。初放送から渾身の出産演技で視聴者をひきつけた彼女は娘のためなら何事も厭わない激しいママの姿を目つきと表情などで配信された。

さらに、15年前の初恋との悲痛別れ、夫の突然の死、未知の導きに引かれてガン・ソクヒョン家に進入するまでの一連のストーリーを説得力のある消化したという評価だ。劇中36歳年上の夫を理解し、同情する感情は、チェ・ガンヒだったので可能だった。

チュ・サンウクやはり「華やかな誘惑」のヒーローに選ばれる。 お父さんの死にから始まった各種不正を暴くために虎穴に入ったチン・ヒョンウ役を担って劇に重たい力を吹き込んだ。 お父さんの復讐のために始めた計画が歪む時挫折する姿でも計画することを成し遂げるためならあらゆるあくどい侮辱と圧迫もものさびしく受け入れる姿は視聴者の胸一角をひりひりするようにした。

シン・ウンスから「のっぽおじさん」役割をしたのもチュ・サンウクなので可能だったという評価。
15年前初恋であるシン・ウンスを守るために孤軍奮闘する彼の姿はテレビ劇場を温かく染めた。

記事元






記事を読んでいただきましてありがとうございます♪

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


サイト内検索
サイトマップ(全記事一覧)

全ての記事を表示する

スポンサーリンク
☆人気ブログランキング☆
にほんブログ村
ランキングに参加してます。 ポチっとよろしくお願い致します~(ペコリ)
FC2ブログランキング
☆ランキング参加中です☆

FC2Blog Ranking

プロフィール

あやりん

Author:あやりん
あやりんです~
[愛の巣」へのご訪問ありがとうございます^^
MBCドラマ「カクテキ」以来~サンウク君を応援しています。

当サイト内の画像の著作権・肖像権は画像元であるサイト・所属事務所等にあります。
個人で楽しむための目的であり、権利を損害する使用目的ではありません。
当サイト内の文章及び画像を無断転載することを禁じます。

Twitter
Web page translation
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

手軽に韓国関連は楽天で♪
おすすめ♪
FC2拍手ランキング
FC2カウンター
FC2ブックマーク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -